トップページ 障害年金の資格 障害年金の手続代行 審査請求(不服申し立て) 障害年金対応室プロフィール 障害年金・無料相談
●はじめに
うつ病で障害年金を申請する方でもっとも多いのが、自宅療養中にある方です。
自宅で療養している期間は収入がないため、国が給付を行い、生活を支えなければならないという目的から障害年金の制度が生まれました。病状が思わしくない場合は、2級を目指した申請も可能です。

●等級の見込み
うつ病の審査では、ふだんの生活能力がどれだけ減じているかを診断書から把握して等級を決めています。
一般的には就労ができない状態を3級、日常生活が大きく制限される状態を2級としています
等級の目安を挙げると、
・仕事や家事ができない状態が2年以上続く…2級
・医師が障害年金の申請に協力的…2級
・病状が重く外に出るのも困難…2級
・休職中の請求…3級
・就業中…不該当
といった感じになりますが、例外もあり、現実の病状と等級が一致しないこともありますので、参考までにご覧いただければと思います。

当事務所の実績 病歴サンプル
診断書見本 精神の認定基準
●医師への診断書依頼
障害年金では、医師の協力を得ることが受給の一番の近道です。最近は、医師から障害年金をすすめてくれるケースもみられますが、このような場合は、ほとんどが2級クラスの診断書があがってきます。
医師のすすめはないまでも、障害年金を申請したいことを伝え、診断書を引き受けてくれれば、2級、3級の確率が高いといえます。ふだんの診察では話す機会が少なくても、うつ病で仕事ができない状態が長引いていることや、家事や育児ができないことを理解してくれている医師はたくさんいます。
自宅療養が長いということは、それだけ病状が重いことを現わしますから、障害年金の申請を医師に相談してみてはどうでしょうか。

●手続きの注意点
うつ病の審査では、診断書、病歴状況申立書、厚生年金の加入記録など、さまざまな書類を判断材料としています。診断書の内容が重要視されることは確かですが、病歴状況申立書や厚生年金の加入記録などから、これまでの仕事の状況、給与額、休職期間、通院歴、病気の重さなどを必ずチェックして等級を決めていますので、提出する書類はすべて慎重に作成しなければなりません。
病歴状況申立書はコツを得ないとうまく書けないことも多いので、このページの病歴サンプルを参考にしてみてください。

うつ病と障害年金の関係
医師から申請すすめられた→障害年金2級の可能性が!
長く自力生活できない→障害年金2級・3級の可能性が!
労働不可+日常生活制限→障害年金3級の可能性が!



当事務所では、お客様の請求方法を、複数の専門家で話し合い、最善のサポートをしています。また開業当初から蓄積してきた約10年分のうつ病の診断書や病歴申立書などの書類を分析し、得た知識を反映させ障害年金の受給率を高めています。さらに書類一式を2人以上で確認するダブルチェックにより、完璧な請求を行っています。


うつ病の方は、外出が困難、対人恐怖がある…など、さまざまな精神的ご負担があり、申請までの道のりは平坦ではありません。しかし、あきらめずにやりとりを続けていただいたほぼすべての方が障害年金の受給に成功しています。みなさんと信頼関係を築きながら受給を確実なものとできるよう手続きを進めてまいります。


  私どもは、障害年金の申請で約10年の実績があります。
  この豊富な経験を生かし、あなたの受給の可能性を高めます。

◎手続代行についてのQ&A
依頼
(Q1)医師によると受給の可能性は五分五分だそうですが、受けてくれますか?
(Q2)「他の社労士」に代行していたのですが受けてくれますか?
手続き
(Q3)親や家族とやりとりして進めてくれますか?
(Q4)東京近郊と遠方では対応が、どう違うの?
(Q5)年金事務所へはどのように申請するの?
病歴
申立書
(Q6)病歴は、どのように書いてくれるのですか?
(Q7)審査で評価されやすい病歴に仕上げてくれますか?
診断書
(Q8)診断書が抜けだらけで心配なので依頼できますか?
(Q9)医師が診断書を書き慣れていないのですが対応できますか?
初診日
(Q10)初診日の証明書が取れないのですが受給できますか?
(Q11)「第三者の申立書」で初診日を証明できますか?




※このページで掲載した内容は、障害年金対応室の独自の見解であり、実際の審査では違う判断がなされる場合があります。予めご了承ください。




  トップページ  無料相談  手続代行・料金