トップページ 障害年金の資格 障害年金の手続代行 審査請求(不服申し立て) 障害年金対応室プロフィール 障害年金・無料相談
●はじめに
高次脳機能障害は、器質性精神障害とも呼ばれ、障害年金では「精神の障害」として扱われています。
症状は人によって異なりますが、おもに注意力が保てない、記憶を脳にとどめておけない、感情をコントロールできない…といったものがあります。
重症化すると日常生活に手助けが必要になったり、労務に就けず収入が得られなかったりしますので、障害年金の申請を検討してみてはどうでしょうか。
まずは高次脳機能障害で、2級に認定された方の症状を例示します。

 ・財布をどこに置いたかを忘れ、家族が隠したという。
 ・薬は用意してあげないと飲み忘れてしまう。
 ・病院までの道順を忘れてしまう。
 ・慣れた場所へも行けないことがある。
 ・同じことを何度も聞き返す。
 ・友人や知人の顔や名前が覚えられない。
 ・ちょっとしたことでイライラし激しく怒る。
 ・物事に無関心で新しいことに興味を示さない。
 ・仕事でミスを繰り返し退職となった。

以上からわかることは、「記憶力の低下」が一つの評価のポイントとなっているということです。脳の損傷した場所によって症状は変わってきますので、記憶力の低下が評価のすべてとはいえませんが、重要なポイントであることに変わりありません。記憶力の低下から日常生活が大きく制限されるようになっている場合は、受給の可能性が見えていると言えるでしょう。
当事務所の実績 病歴サンプル
診断書見本 精神の認定基準
●診断書の依頼方法
障害年金の手続きを進める上で注意したいのは、医師への診断書の依頼方法です。普通は自分の置かれている現状を医師に伝え、障害年金を申請したいことを話します。その上で、初診日を特定し、病歴申立書を作成し、医師に診断書を書いてもらいます。診断書をいきなり持って行って書いてほしいというのは、一部の場合を除いておすすめできません。医師の承諾を得て、それから診断書を用意して依頼するというのが本来の依頼方法です。

●診断書のチェックポイント
精神障害の場合、食事、清潔保持、金銭管理、買物、通院・服薬、意思伝達、対人関係、安全保持、危機対応、社会性といった日常生活が、どれだけ制限されているかで等級が決まりますので、その項目に対する記入もれは評価を大幅に下げてしまいます。
過去には診断書の記入もれから障害年金が認定されなかったケースもありますので、診断書裏面にある「日常生活能力の判定」「日常生活能力の程度」の項目については確認したうえで申請するようにしましょう。
また初診日が違うと、すべて手続きをやり直さなければならなくなります。慣れていない方が初診日を特定するのは難しいものではありますが、当ホームページの初診日の項目を参考にしてください。
病歴申立書については、正確に書けない場合は、誰かに代筆してもらったほうがいいでしょう。病歴をいい加減に書いていると後で返戻となり、せっかく集めた書類が台無しになります。家族でも、知り合いでもかまいませんので、これまでの病気の経緯を丁寧に書き、かつ自分の障害の悪さをアピールしてください。

高次脳機能障害と障害年金の関係
一人で外出したり、生活できない→障害年金2級の可能性が!
労働不可+日常生活に制限→障害年金2級・3級の可能性が!
労働は限られたものしかできない→障害年金3級の可能性が!



当事務所では、お客様の請求方法を、複数の専門家で話し合い、最善のサポートをしています。また開業当初から蓄積してきた約10年分の高次脳機能障害の診断書や病歴申立書などの書類を分析し、得た知識を反映させ障害年金の受給率を高めています。さらに書類を2人以上で確認するダブルチェックにより、完璧な請求を行っています。


高次脳機能障害の方は、記憶力の低下がみられ、病歴が思い出せないなど、申請までの道のりは平坦ではありません。しかし、あきらめずにやりとりを続けていただいたほぼすべての方が障害年金の受給に成功しています。みなさんと信頼関係を築きながら受給を確実なものとできるよう手続きを進めてまいります。


  私どもは、障害年金の申請で約10年の実績があります。
  この豊富な経験を生かし、あなたの受給の可能性を高めます。

◎手続代行についてのQ&A
依頼
(Q1)医師によると受給の可能性は五分五分だそうですが、受けてくれますか?
(Q2)「他の社労士」に代行していたのですが受けてくれますか?
手続き
(Q3)親や家族とやりとりして進めてくれますか?
(Q4)東京近郊と遠方では対応が、どう違うの?
(Q5)年金事務所へはどのように申請するの?
病歴
申立書
(Q6)病歴は、どのように書いてくれるのですか?
(Q7)審査で評価されやすい病歴に仕上げてくれますか?
診断書
(Q8)診断書が抜けだらけで心配なので依頼できますか?
(Q9)医師が診断書を書き慣れていないのですが対応できますか?
初診日
(Q10)初診日の証明書が取れないのですが受給できますか?
(Q11)「第三者の申立書」で初診日を証明できますか?




※このページで掲載した内容は、障害年金対応室の独自の見解であり、実際の審査では違う判断がなされる場合があります。予めご了承ください。




  トップページ  無料相談  手続代行・料金