トップページ 障害年金の資格 障害年金の手続代行 審査請求(不服申し立て) 障害年金対応室プロフィール 障害年金・無料相談
●はじめに
脳出血の後遺障害でよく知られているのが、片麻痺です。左半身または右半身が麻痺によって動かせなくなり、日常生活に制限が生じるようになります。障害年金の審査では、この日常生活を送る上で必要な上肢・下肢の動作が、どれだけ制限されるかを把握して等級を決めています。

●手続きの注意点
脳出血による片麻痺には、主に2つのタイプがあります。ひとつは上下肢に重い障害があるタイプ、もうひとつは、一肢の障害だけが目立って重いタイプ(たとえば片上肢は全廃しているが片下肢については余り障害がないタイプ)です。
障害年金では、障害のタイプによって審査のポイントが変わってくるので、自分のタイプがどれにあたるかを把握しましょう。
上下肢に重い障害があるタイプの場合は、診断書の「日常生活における動作の障害の程度」を重要視して認定します。
一肢の障害だけが目立って重いタイプの場合は「可動域制限」や「筋力低下」を重要視して認定します。
障害年金の申請で失敗してしまう原因の多くは、診断書の

当事務所の実績 病歴サンプル
診断書見本 肢体の認定基準

不備にありますので、上下肢に重い障害があるタイプの方は、診断書の「日常生活における動作の障害の程度」に抜けがないかを必ずチェックし、一肢の障害だけが目立って重いタイプの方は「筋力低下」や「可動域制限」に抜けがないかをチェックするようにしましょう。

●病歴状況申立書について
障害年金を申請するときに必ず提出しなければならないのが病歴状況申立書です。これは病気の流れを書いていくもので、審査では、診断書の補足資料として用いられます。慣れないとコツがつかめず、なかなか書き進めていけないものですが、だからといって適当に済ますことは許されません。不備があると申請自体が通らないからです。
基本的には病気の経緯(入院歴、通院歴)が漏れなく書かれていれば大丈夫です。
しかし、現在の審査の厳しさから考えれば、この病歴状況申立書を使って、自分の障害の重さをきちんと訴えておきたいものです。脳出血によって上肢・下肢のどの部分に機能障害があるのか、日常生活の何に不便を感じているのかを積極的に訴えていきましょう。

身体障害者手帳と障害年金の関係
手帳1級→障害年金1級または2級の可能性が!
手帳2級→障害年金2級の可能性が!
手帳3級、4級→障害年金3級の可能性が!



「肢体障害に強い社労士」をお探しなら、当事務所にご相談ください。開業以来、約10年間、肢体障害の手続きを豊富にこなしてきました。審査請求の容認実績も多く、肢体の難病に関わる家族会の顧問などもしております。そうした経験やノウハウを存分に生かし、あなたの障害年金の受給率を高めます。


これまで手続きさせていただいた肢体障害につきましては、ほとんどの病気を経験しております。その多くが難病であり、ほぼすべての方が障害年金の受給に成功しています。みなさんと信頼関係を築きながら受給を確実なものとできるよう手続きを進めてまいります。


  私どもは、障害年金の申請で約10年の実績があります。
  この豊富な経験を生かし、あなたの受給の可能性を高めます。

◎手続代行についてのQ&A
依頼
(Q1)医師によると受給の可能性は五分五分だそうですが、受けてくれますか?
(Q2)「他の社労士」に代行していたのですが受けてくれますか?
手続き
(Q3)親や家族とやりとりして進めてくれますか?
(Q4)東京近郊と遠方では対応が、どう違うの?
(Q5)年金事務所へはどのように申請するの?
病歴
申立書
(Q6)病歴は、どのように書いてくれるのですか?
(Q7)審査で評価されやすい病歴に仕上げてくれますか?
診断書
(Q8)診断書が抜けだらけで心配なので依頼できますか?
(Q9)医師が診断書を書き慣れていないのですが対応できますか?
初診日
(Q10)初診日の証明書が取れないのですが受給できますか?
(Q11)「第三者の申立書」で初診日を証明できますか?




  ※このページで掲載した内容は、障害年金対応室の独自の見解であり、実際の審査では違う判断がなされる場合があります。予めご了承ください。




  トップページ  無料相談  手続代行・料金