視神経萎縮のサポート実績
障害年金対応室で手続代行した視神経萎縮の実例を紹介します。




ケース1 「連絡帳」の眼科受診が認められ20歳前傷病として認定されたケース
[プロフィール] 千葉県 女性 30代
[傷病名] 視神経萎縮
[障害の状態] 裸眼視力・右0.1、左0.01(矯正不能)
視野・両眼とも5度以内
[日常生活能能力] 不慣れな場所への独力での外出は困難。
[結果] 障害基礎年金2級(事後重症)
[申請の対応] 初診日の証明として用意できたのは、幼少時に親が付けていた「連絡帳(眼科を受診したことが書かれている)」だけだった。証拠が弱いため年金事務所では難しいと言われたが、初診日の申立書を当事務所で作成して提出するなど、できる限りのことをして申請した。













※実例は、本人様のプライバシー保護の関係から、一部、内容を調整させていただいております。






  トップページ  無料相談  手続代行・料金