多発性嚢胞腎による人工透析のサポート実績
 障害年金対応室で手続代行した多発性嚢胞腎による人工透析の実例を紹介します。




ケース7
 「多発性嚢胞腎による慢性腎不全 男性50代 東京都
[ 結 果 ] 障害厚生年金2級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 週3回、血液透析を実施。
頭痛、疲労感あり。
[ 備 考 ] 「年金事務所の説明」が十分でないことから依頼
年金事務所で十分な説明を受けられなかったとご連絡があり、手続をご依頼いただきました。メールと郵送を使い、申請上のアドバイス、病歴申立書の作成、年金事務所への請求などを行いました。


ケース6
 「多発性嚢胞腎による慢性腎不全 男性50代 東京都
[ 結 果 ] 障害厚生年金2級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 週3回、血液透析を実施。
疲労感、倦怠感あり。
[ 備 考 ] メールプランで手続を進めました
遠方からの依頼のため、メールと郵送で手続きを進めていくメールプランをご利用になられました。初診日の証明がとれませんでしたが、客観的資料から初診日を特定しました。


ケース5
 「多発性嚢胞腎による慢性腎不全 男性40代 愛知県
[ 結 果 ] 障害基礎年金2級
[請求タイプ] 障害認定日による請求(3年遡及成功)
[障害の状態] 週3回、血液透析を実施。
頭痛、浮腫あり。
[ 備 考 ] 「過去3年の遡及請求」を実施しました
発熱と腹痛で入院した病院の検査で、多発性嚢胞腎が発覚しました。その後、1年ほどして人工透析を開始、数年間、障害年金を請求しないでいましたが、遡及請求にて過去3年分の支給が認められました。


ケース4
 「多発性嚢胞腎による慢性腎不全 男性40代 茨城県
[ 結 果 ] 障害厚生年金2級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 週3回、血液透析を実施。
全身状態は、良好。
[ 備 考 ] 「書類作成に不安」があり依頼されました。
年金事務所に相談したところ、説明が不十分で、ご自身だけで手続を進めていくのは困難と判断され、ご依頼いただきました。面談はしませんでしたが、メールや郵送で問題なく請求にたどりつきました。


ケース3
 「多発性嚢胞腎による慢性腎不全 女性30代 埼玉県
[ 結 果 ] 障害厚生年金2級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 週3回、血液透析を実施。
浮腫、貧血あり。
[ 備 考 ] メールと郵送で手続きを進めました
が多発性嚢胞腎だったことから検査し、ご自身も同じ病気であることが発覚しました。面談はせずに、メールと郵送で進めてほしいと希望されたため、メールプランにて手続を開始、1か月半で請求にたどりつきました。


ケース2
 「多発性嚢胞腎による慢性腎不全 男性50代 神奈川県
[ 結 果 ] 障害厚生年金2級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 週3回、血液透析を実施。
悪心、食欲不振、頭痛、浮腫、尿毒症状、
アチドージス、貧血あり。
[ 備 考 ] 「3番目の病院」で初診日を証明
15年前の初診日のカルテは破棄、2番目の病院でも破棄されていましたが、3番目の病院でカルテが残っており、そこに書かれていた記述から15年前に初診日があることを証明しました。


ケース1
 「多発性嚢胞腎による慢性腎不全 男性50代 東京都
[ 結 果 ] 障害基礎年金2級
[請求タイプ] 障害認定日による請求(5年遡及成功)
[障害の状態] 週3回、血液透析を実施。
浮腫、貧血、日中倦怠感あり。
[ 備 考 ] 「過去5年にさかのぼる遡及請求」を行いました
多発性嚢胞腎発覚後、まもなく人工透析を開始したものの5年以上も障害を請求しないでいました。書類を集めて遡及請求したところ、過去にさかのぼって障害年金の支給が決定しました。




※「多発性嚢胞腎による慢性腎不全」につきましては、北海道から沖縄まで、
 ほぼ全国の都道府県で実績があります。




※実例は、本人様のプライバシー保護の関係から、一部、内容を調整させていただいております。





  トップページ  無料相談  手続代行・料金