トップページ 障害年金対応室プロフィール 障害年金の手続代行 障害年金・無料相談 審査請求(不服申し立て) 障害ポイント解説


「糖尿病による人工透析」のサポート実績
障害年金対応室で手続した糖尿病による人工透析の実例を紹介します。
≪申請ポイントを見る→≫

ケース22
 「糖尿病による慢性腎不全 男性30代 東京都
[ 結 果 ] 障害基礎年金2級
[請求タイプ] 障害認定日による請求(5年遡及成功)
[障害の状態] 週3回、血液透析を実施。
浮腫、日中倦怠感あり。
糖尿病薬による治療を継続中。
[ 備 考 ] 過去5年分の遡及請求をしたケース
初診後まもなく人工透析を開始しましたが、その後、10年以上障害年金を申請しないでいました。透析開始時のカルテは破棄されていましたが、現在の診断書で10年前の透析開始が確認できたため、現在の診断書1枚で遡及が認められました。


ケース21
 「糖尿病による慢性腎不全 女性50代 東京都
[ 結 果 ] 障害基礎年金2級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 週3回、血液透析を実施。
貧血、日中倦怠感あり。
糖尿病薬による治療を継続中。
[ 備 考 ] 初診日が証明できず1回目は不支給、2回目で認定されたケース
1回目の申請はご自身がされましたが、初診日が特定できないという理由から却下、2回目は当事務所に依頼し再請求しました。結果、初診日が認められ障害基礎年金の受給権が生まれました。


ケース20
 「糖尿病による慢性腎不全 女性40代 東京都
[ 結 果 ] 障害基礎年金2級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 週3回、血液透析を実施。
浮腫、貧血あり。
インスリン治療を継続中。
[ 備 考 ] 15年前の初診日を5番目の病院のカルテから証明
1番目〜4番目までの病院は、すべてカルテが破棄されていました。5番目に訪れた病院でようやくカルテが残っており、そこで1番目の病院の受診に関わる情報を受診状況等証明書に書いていただき初診日を証明しました。


ケース19
 「糖尿病による慢性腎不全 男性50代 東京都
[ 結 果 ] 障害厚生年金2級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 週3回、血液透析を実施。
貧血、糖尿病網膜症あり。
インスリン治療を継続中。
[ 備 考 ] 3番目の病院で取得した受診状況等証明書で初診日容認
1番目、2番目の病院のカルテは破棄、3番目の病院でカルテが残っており、そこに1番目の病院のことが書かれていました。3番目の病院に1番目の病院に受診したことを受診状況等証明書に書いてもらい申請したところ障害厚生年金での受給が認められました。


ケース18
 「糖尿病による慢性腎不全 女性40代 埼玉県
[ 結 果 ] 障害厚生年金2級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 週3回、血液透析を実施。
頭痛、浮腫、貧血、消化器症状あり。
インスリン治療を継続中。
[ 備 考 ] 糖尿病境界域の初診日が認められ厚生年金で決定
最初の受診は糖尿病とはされず、糖尿病境界域とされましたが、ここが初診日と認められ、無事、厚生年金での受給が認められました。


ケース17
 「糖尿病による慢性腎不全 男性50代 埼玉県
[ 結 果 ] 障害基礎年金2級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 週3回、血液透析を実施。
アチドージス、貧血あり。
糖尿病薬による治療を継続中。
[ 備 考 ] 4番目の病院の医証から初診日を証明
糖尿病が発覚したのが30年近く前にあり、初診時のカルテが破棄されていました。2番目、3番目の病院もカルテが保管されていませんでしたが4番目の病院にカルテがあり、糖尿病発覚の状況が書かれていたため、それをもとに初診日を証明しました。


ケース16
 「糖尿病による慢性腎不全 女性30代 千葉県
[ 結 果 ] 障害厚生年金2級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 腹膜透析を実施。
食欲不振、浮腫、尿毒症症状、貧血、神経・消化器症状あり。
糖尿病は食事療法のみ継続。
[ 備 考 ] 高血糖が指摘された健診日ではなく、病院受診日で初診日が決定
健康診断で高血糖を指摘された日が初診日となると納付要件が満せず不支給となっていましたが、病院受診した日が初診日とされ、障害年金が受給できました。


ケース15
 「糖尿病による慢性腎不全 男性50代 神奈川県
[ 結 果 ] 障害厚生年金2級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 週3回、血液透析を実施。
倦怠感、疲労感あり。
糖尿病薬による治療を継続中。
[ 備 考 ] 「人間ドッグ」の結果から初診日を証明
初診日のカルテは破棄されていましたが、人間ドッグの結果から厚生年金加入時に初診日があることを証明。無事、2級の障害年金が受給できました。


ケース14
 「糖尿病による慢性腎不全 男性30代 神奈川県
[ 結 果 ] 障害厚生年金2級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 週3回、血液透析を実施。
浮腫、貧血あり。
インスリン治療を継続中。
[ 備 考 ] 通院件数が多く、病歴申立書が作成できないために依頼
通院件数が18件と非常に多く、かつ記憶もあいまいなことからご自身で病歴申立書を仕上げるのは困難という理由から手続きを依頼。病歴申立書については最初に簡単な質問をさせていただき、あとは当事務所が書いた仮案をチェックいただくだけの作業で完成させました。


ケース13
 「糖尿病による慢性腎不全 男性50代 東京都
[ 結 果 ] 障害厚生年金2級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 週3回、血液透析を実施。
浮腫、アチドージス、貧血あり。
糖尿病薬による治療を継続中。
[ 備 考 ] 人間ドッグで糖尿病が指摘された日が初診日に
1番目の病院ではカルテは破棄されていましたが、その数年前に受けた人間ドッグで糖尿病を指摘されていたため、この人間ドッグを受けた日を初診日として申請し認められました。手続きは、すべてメールと郵送で行いました。


ケース12
 「糖尿病による慢性腎不全 女性40代 東京都
[ 結 果 ] 障害基礎年金2級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 週3回、血液透析を実施。
疲労感あり。
糖尿病薬で治療を継続中。
[ 備 考 ] メールと郵送で手続を進めました
初診日が証明できないことから、3年間も障害年金を請求できないでいました。メールと郵送で詳細なやりとりをし、初診日を特定、無事、2級の障害年金が受給できました。


ケース11
 「糖尿病による慢性腎不全 女性30代 香川県
[ 結 果 ] 障害基礎年金2級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 週3回、血液透析を実施。
貧血あり。
糖尿病薬による治療を継続中。
[ 備 考 ] 2番目の病院でカルテ開示し初診日を証明