障害年金で成功した全国のみなさんのメッセージ

                                     トップページはこちら→



障害厚生年金成功!
ありがとうございました。
(東京都)






障害厚生年金成功!
ありがとうございました。
(東京都)






障害厚生年金成功!
ありがとうございました。
(神奈川県)






障害基礎年金成功!
ありがとうございました。
(千葉県)


北海道 女性20代(精神の障害)
納付要件が満たされているのか、障害の状態が達しているのか…など、不安なことばかりでしたが、担当の方に「大丈夫、2級を目指しましょう」と言っていただき本当に心強かったです。



宮城県 男性40代(眼の障害)
無事、2級に認定されてホッとしていたところ、「審査請求すれば、1級が出ますよ」と言われました。私は2つの障害を併せ持っていたのですが、担当の方の話しでは、その片方しか評価されていないとのことでした。言われたとおり審査請求していただくと、本当に1級となり驚いています。



茨城県 女性40代(肢体の障害)
私の場合、初診日の候補が2つあり、有利なほうの初診日で決まれば遡及のチャンスがありました。担当の方に相談すると「まずは事後重症請求で初診日を確定させてしまいましょう」とおっしゃられ、その上で有利なほうの初診日で決まった場合は、「遡及請求に切り替える」という方法で請求することとなりました。結局、有利なほうの初診日で決まったため、すぐに遡及請求。過去4年にわたり障害年金が受給できました。このような請求方法があるとは、私ではとても思いつきませんでした。



東京都 男性30代(精神の障害)
初診日の証明としてわずかな資料しか探せず途方に暮れていたとき、担当の方が「私が申立書を書いて厚労省を説得します」と言って申立書を作成してくれました。年金証書が送られてくるまでは初診日が認められるかどうかドキドキでしたが、無事、認められてホッとしています。



東京都 男性30代(肢体の障害)
私の病気は全国でも患者数の少ない特殊なものでした。インターネットで検索しても、この病気で障害年金が受給できたケースを紹介した情報がなく、申請すらできるかどうかわからない状態でした。しかし障害年金対応室さんに電話をすると、「○○さんのような悪い状態の方が障害年金をとれなくて、誰がとれるんですか?大丈夫ですよ」と言ってくれて本当に楽な気持ちになりました。年金証書が送られてきて2級に認定されたことを知ったときは、手続きをお願いして本当によかったと思いました。



神奈川県 男性50代(腎臓の障害)
障害認定日の診断書がとれずに、遡及を断念せざるを得ない状況でした。ところが面談にお伺いすると「現在の診断書1枚で5年分を遡及します!」とひと言。障害認定日の診断書がなくて本当に大丈夫なのか不安でしたが、「このケースなら大丈夫ですよ」と理由を説明していただきました。結果は過去5年分の遡及が認められ初回に大きな金額をいただくことができました。やっぱりプロは違うなぁ〜と思いました。



埼玉県 女性40代(肢体の障害)
私の場合、初診日で非常に深刻な問題が生じていました。通常、面談は2時間程度で終わるそうですが、私の場合、5時間もかかり、大変、ご迷惑をおかけしてしまいました。しかし担当の方は常に親身に対応していただき「このような難しいケースに出会えるのは勉強になるので、私たちにとっても貴重な体験なんです」とおっしゃってくれました。終始、なごやかに話しは進み、5時間の面談で定めた方法で請求したところ、無事、2級に認定されました。ありがとうございます。



静岡県 男性30代(眼の障害)
障害認定日の診断書がとれずに遡及請求を断念しかけましたが、「後悔しないためにも遡及請求しましょう・・・」とおっしゃっていただきました。認めてもらうことが大変難しいケースだったようですが、再審査請求で逆転、5年遡及が決まり感謝の気持ちでいっぱいです。



愛知県 男性50代(肢体の障害)
私の場合、複数の病気がからんでいて、医師もそれぞれ違い、初診日も障害認定日もまったく特定できない状態でした。どう請求したらいいかわからないまま月日がすぎ、このままでは請求できないと思い電話しました。担当の方は「日本年金機構の審査官に答えを問う請求をしましょう」とおっしゃられました。初めて聞く請求方法なので、どのようにするのか最初は半信半疑でしたが、私の病気に対する事情を書面にし「・・・だから初診日はここ、障害認定日はここ・・・」といった具合に審査官に申し立ててくださいました。数カ月後、審査官から照会の手紙が1枚来て、新たに1枚書類を用意しただけで2級に認定されました。それにしても、このような請求方法があるのか・・・と感心しています。



兵庫県 女性20代(肢体の障害)
私の病気は特殊なため、どこに電話しても取れるかどうかわからないとの返答でした。しかし、障害年金対応室さんは「障害年金がとれます。安心してください」と、きっぱり。年金証書が送られてきて2級に認定されたことを知ったときは、東京の専門の方に依頼して本当によかったと思いました。



香川県 女性50代(精神の障害)
初診日の証明がとれずに相談しました。担当の方が「“発病日”がわかっているので、これをもとに初診日を認定してもらいましょう」とおっしゃられました。本当に“発病日”から初診日を認めてもらえるのか不安でしたが、審査官に向けた申立書も作成してくれて無事、2級に認定されました。やはり素人とは違うな〜と思いました。



鹿児島県 女性40代(心臓の障害)
同じ九州に住む知人に紹介されて依頼しました。東京と鹿児島はかなり離れていましたが、知人から「誠実に相談に乗ってくれるし、きちんと対応してくれるから大丈夫だよ」と聞かされていたので心配はありませんでした。実際に手続きでは、メールや電話で50回以上連絡を取り合うなど、丁寧に対応していただき、終始、安心して手続きを進めることができました。思っていた等級にも認定され心から感謝しています。




いまも多くの方から声が寄せられています。
みなさんの喜びの声が聞けるよう
これからも頑張っていきたいと思います。
                       (スタッフ一同)






  トップページ  無料相談  手続代行・料金