トップページ 障害年金対応室プロフィール 障害年金の手続代行 障害年金・無料相談 審査請求(不服申し立て) 障害ポイント解説


「慢性気管支炎」のサポート実績
障害年金対応室で手続代行した慢性気管支炎の実例を紹介します。
≪申請ポイントを見る→≫

ケース5
 「気管支喘息」 女性40代 東京都
[ 結 果 ] 障害厚生年金3級(過去3年遡及分も3級)
[請求タイプ] 障害認定日による請求(3年遡及成功)
[障害の状態] 咳、痰、胸痛、呼吸困難あり。
ときどき喘鳴あり。

プレドニン、吸入ステロイド剤高用量を服薬。
夜の咳き込み、呼吸苦が激しく寝付けない。
労働は困難。
[ 備 考 ] 気管支喘息で過去3年にさかのぼって請求
気管支喘息の薬を複数内服するも病状が改善せず、長く自宅療養を強いられていました。手続きは、面談をせずにメールと郵便で行い、過去3年分の遡及請求が認められました。


ケース4
 「閉塞性細気管支炎」 女性40代 神奈川県
[ 結 果 ] 障害厚生年金3級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 24時間の在宅酸素療法を実施。
息切れ、咳・痰が顕著にみられる。

自宅中心の生活を送っている。
[ 備 考 ] 「骨髄移植」による気管支炎で在宅酸素を施行
骨髄移植の合併症として発症した気管支炎で、24時間の在宅酸素を導入。少しの動作で呼吸苦が生じるため自宅中心の生活を強いられていました。


ケース3
 気管支喘息」 男性50代 神奈川県
[ 結 果 ] 障害厚生年金2級
[請求タイプ] 障害認定日による請求
[障害の状態] 24時間の在宅酸素療法を実施。
咳、痰、胸痛、喘鳴あり。
肺の気腫化、繊維化あり。
通院以外の外出は原則禁止。
週に数回の大発作あり。
[ 備 考 ] 重度の気管支喘息により2級に
投薬かでも激しい咳込み、痰、喘鳴などがみられ、医師から外出を禁じられるほどの重症でした。ご本人さまの要望で、面談はせず、メールと郵送でやりとりし手続きを進めました。


ケース2
 気管支喘息」 女性40代 埼玉県
[ 結 果 ] 障害厚生年金3級
[請求タイプ] 障害認定日による請求
[障害の状態] 安静時でも咳込み、痰あり。
ときどき喘鳴あり。
階段はゆっくりも登れないが、休み休みなら登れる。

プレドニン・吸入ステロイド剤など10種類を服薬。
過去に2回、喘息による救急搬送あり。
[ 備 考 ] 労作時の呼吸苦で外出もままならない
気管支喘息の薬を10種類内服しても、咳、痰がみられ、喘鳴もときどき生じる状態でした。


ケース1
 慢性気管支炎 男性40代 東京都
[ 結 果 ] 障害基礎年金2級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 24時間の在宅酸素療法を実施。
動脈血ガス分析値 軽度異常。
予測肺活量1秒率 中等度異常。
肺の気腫化、胸膜癒着、線維化、胸部変形あり。
安静時・体動時ともに呼吸困難あり。
咳、痰もあり
[ 備 考 ] 重度の慢性気管支炎により2級に
肺機能の悪化から、自宅安静時も呼吸困難がある状態でした。一人での外出が不可能なため閉居生活を強いられており、医師から単独での日常生活は成り立たないと判断されていました。




※慢性気管支炎につきましては、 北海道から沖縄まで、
 全国からのご依頼に対応できます。




※実例は、本人様のプライバシー保護の関係から、一部、内容を調整させていただいております。





  トップページ  無料相談  手続代行・料金