●当事務所のサポート実績


【例1】過去5年分の遡及請求がしたいと当事務所に依頼し成功したケース
-当事務所の対応-
5年前に人工弁置換術を受けたが障害年金の申請をしておらず、遡及請求で過去分を
取り返したいとの要望があった。納付要件、病気の経緯を調べたところ条件がクリアされ
ていることが確認できたため初診時の病院で初診日証明、現在の病院で診断書をとり遡
及申請。過去5年分の障害厚生年金が認められた。



「大動脈弁閉鎖不全症」 障害厚生年金3級決定!(過去5年遡及も3級)
東京都Fさん・男性
[初診証明] 受診状況等証明書
[請求タイプ] 障害認定日による請求(5年遡及成功)
[障害の状態] 大動脈人工弁置換手術施行。
手術後も動悸、息切れ、胸痛などの所見あり。
[予後] 外来での厳重なフォローが必要。
[手帳の等級] 身体障害者手帳1級
[日常生活能力] 通常の日常生活は可能だが、労働には制限あり。




【例2】20年前の初診日の証明ができないことから手続きが複雑化したケース
-当事務所の対応-
初診日が20年前にあり、初診日証明がとれないなど手続きが複雑となっていた。厚生年
金加入中に初診日があることを証明しなければならなかったが、3番目の病院で初診日を
証明する有力な書類を入手。客観的資料を添えて申請したところ、障害厚生年金3級が認
められた。



大動脈弁閉鎖不全症」 障害厚生年金級決定!
茨城県Lさん・女性
[初診証明] 客観的資料
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 大動脈人工弁置換手術施行。
手術後ワーファリン療法を継続。
手術後の経過は良好。
[予後] 比較的良好と思われる。
[手帳の等級] 身体障害者手帳1級
[日常生活能力] 労働、日常生活に制限あり。




【例3】手術前に依頼があり、手術後すぐに診断書依頼し請求したケース
-当事務所の対応-
群馬県からの依頼。事後重症請求だったため、請求を遅らせていると、その分の年金を
損してしまう状態だった。そこで人工弁置換術を行う1か月前から手続きをスタート、受診
状況等証明書の取得や病歴申立書の作成など、できることは事前に進めておき、手術後
すぐに診断書を依頼し、短期間で請求までたどりついた。



大動脈弁閉鎖不全症」 障害厚生年金3級決定!
群馬県Kさん・男性
[初診証明] 受診状況等証明書
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 大動脈人工弁置換手術施行。
動悸、息切れ、器質的雑音あり。
[予後] 不明。
[手帳の等級] 身体障害者手帳1級
[日常生活能力] 通常の日常生活は可能。




【例4】メールや郵便のやりとりで申請し3級が認められたケース
-当事務所の対応-
秋田県からの依頼。面談はせずにメールと郵便で手続きを進めたいと希望されていたため、
メールと郵便だけで手続きを進めていった。初診日のカルテが破棄されていたが、客観的資
料で初診日を証明し申請した。



「大動脈弁閉鎖不全症」 障害厚生年金3級決定!
秋田県Sさん・女性
[初診証明] 客観的資料
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 大動脈人工弁置換手術施行。
動悸、息切れ、胸痛、器質的雑音あり。
[予後] 不明。
[手帳の等級] 身体障害者手帳1級
[日常生活能力] 日常生活に制限がある。




【例5】大動脈弁輪拡張症による人工弁装着で3級に認定されたケース
-当事務所の対応-
石川県からの依頼。ご本人の希望で面談はせず、メールと郵便で手続きを進めていった。
初診日を客観的資料で証明し、3級に認定された。



「大動脈弁輪拡張症」 障害厚生年金3級決定!
石川県Mさん・男性
[初診証明] 客観的資料
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 大動脈人工弁置換手術施行。
動悸、息切れ、胸痛、浮腫あり。
心電図異常あり。
[予後] 外来での管理必要。
[手帳の等級] 身体障害者手帳1級
[日常生活能力] 一部制限がある。










※実例は、本人様のプライバシー保護の関係から、一部、内容を調整させていただいております。






  トップページ  無料相談  手続代行・料金