「脊柱管狭窄症」のサポート実績
 障害年金対応室で手続代行した脊柱管狭窄症の実例を紹介します。


ケース10
 脊柱管狭窄症+頚髄症」 男性50代 東京都
[ 結 果 ] 障害厚生年金2級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 四肢に麻痺、しびれ、筋力低下あり
箸での食事、筆記が難しい。
歩行は杖をついて、ゆっくりとしか歩けない。
[ 備 考 ] 初めて2級の障害年金で認定
脊柱管狭窄症と頚髄症の2つの傷病で四肢障害を生じていました。初めて2級の障害年金として認定されました。


ケース9
 脊柱管狭窄症」 男性50代 兵庫県
[ 結 果 ] 障害基礎年金2級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 両下肢の筋力は、半減
両松葉杖を使用しなければ歩行できない。
車椅子をときどき使用。
[ 備 考 ] 兵庫県からの依頼、両下肢に重度の障害
歩行は2本の松葉杖を使って、ようやくできる程度。立ち上がりや、立位保持も非常に不自由な状態でした。


ケース8
 脊柱管狭窄症+頚髄症」 男性40代 東京都
[ 結 果 ] 障害厚生年金2級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 四肢に障害あり。
立っての歩行が非常に困難。
杖を常時使用、ときどき車椅子を使用。
手指の麻痺強く、つまむ、握るが非常に困難。
[ 備 考 ] 7年前の初診日を客観的資料で証明
初診時のカルテが破棄されていたため、客観的資料を集めて請求。厚生年金加入時の初診日が認められました。


ケース7
 脊柱管狭窄症」 女性50代 宮城県
[ 結 果 ] 障害基礎年金1級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 両下肢の筋力は、やや減〜半減。
歩行には杖を使用。
仕事は座業は可能。
[ 備 考 ] 宮城県からの依頼、両下肢障害で3級に
両下肢に、杖を使用する程度の障害がみられました。3番目の病院で初診日を証明し、3級に認定されました。


ケース6
 脊柱管狭窄症」 男性50代 東京都
[ 結 果 ] 障害厚生年金1級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 両下肢の運動筋力、半減および著減。
屋外・屋内ともに常時車椅子。
下肢筋緊張亢進、反射亢進、手指運動機能低下。
[ 備 考 ] 歩行ができず、自宅から出られない状態で1級に
歩行は2本の松葉杖を使って、ようやくできる程度。立ち上がりや、立位保持も非常に不自由な状態でした。


ケース5
 脊柱管狭窄症」 女性50代 栃木県
[ 結 果 ] 障害基礎年金2級
[請求タイプ] 障害認定日による請求
[障害の状態] 両下肢の筋力は、半減または著減。
歩行時は杖を常時使用。
労働は軽作業のみ可能。
[ 備 考 ] 栃木県からの依頼、両下肢障害として2級に
両下肢の麻痺と筋力低下が著しく、屋内外とも杖を使用していました。


ケース4
 脊柱管狭窄症」 女性50代 茨城県
[ 結 果 ] 障害厚生年金3級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 両下肢の筋力は、やや減または半減。
外出時は杖を常時。室内は物につかまって歩いている。
軽労働は可能。
[ 備 考 ] 茨城県からの依頼、2度の手術後に申請
2度の手術でも改善せず、歩行が非常に困難な状態が続いたため申請を決断。


ケース3
 脊柱管狭窄症」 男性50代 神奈川県
[ 結 果 ] 障害厚生年金1級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 両上肢の筋力は、やや減。
両下肢の筋力は、半減。
上下肢の麻痺強く、24時間車椅子の生活を強いられている。
労働不能。
[ 備 考 ] 四肢にしびれと筋力低下があり1級に
ヘルパーの介助なしでは生活できない状態。常時、車椅子の生活を強いられていました。


ケース2
 脊柱管狭窄症」 男性50代 徳島県
[ 結 果 ] 障害厚生年金3級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 両下肢の筋力は、やや減〜半減。
立つ、歩くが困難。
歩行には杖を使用。
[ 備 考 ] 徳島県からの依頼、両下肢に軽度の障害
両下肢に障害があり、歩行には杖を使用。仕事はしていましたが、座ってできる事務作業しかできない状態でした。


ケース1
 脊柱管狭窄症」 男性60代 埼玉県
[ 結 果 ] 障害厚生年金2級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 両上肢の筋力は、やや減または半減。
両下肢の筋力は、半減または著減。
上肢は、つかむ、握るが非常に不便。
下肢は、常時杖を使用。
[ 備 考 ] 重度の四肢障害で2級に
脊柱管狭窄症による障害が上肢・下肢に及んでいました。障害が重く、2級に認定されました。




※脊柱管狭窄症につきましては、 北海道から沖縄まで、
 全国からのご依頼に対応できます。




※実例は、本人様のプライバシー保護の関係から、一部、内容を調整させていただいております。





  トップページ  無料相談  手続代行・料金