「パーキンソン病」のサポート実績
 障害年金対応室で手続代行したパーキンソン病の実例を紹介します。


ケース6
 パーキンソン病」 男性50代 東京都
[ 結 果 ] 障害厚生年金3級
[請求タイプ] 障害認定日による請求
[障害の状態] 両上肢、両下肢の運動筋力は、正常または、やや減。
歩行には杖を使用。
つまむ、握るがやや不自由。
立ち上がりは支持があればできるが、やや不自由。
ズボン、靴下の着脱が、やや不自由。
[ 備 考 ] 四肢に軽度の障害があり、3級に
両手の振線、筋肉の固縮が進み、動作が非常に遅く、日常生活に支障が生じていました。


ケース5
 パーキンソン病」 女性50代 東京都
[ 結 果 ] 障害厚生年金2級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 右上肢、右下肢の運動筋力、やや減。
両手の振戦、無動、尿失禁あり。寝返りができない。
移動は杖か車椅子。
立位保持、10m歩行は不可能。
[ 備 考 ] 四肢に障害があり2級に認定
治療5年目から薬の効果が徐々に無くなり、請求時には、閉居生活を強いられるほど病状が悪化していました。


ケース4
 パーキンソン病」 男性50代 愛知県
[ 結 果 ] 障害基礎年金2級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 立つ、歩く、座る…が非常に困難。
つまむ、握るは、やや不自由。
杖を常時使用。必要に応じて車椅子を使用。
[ 備 考 ] 愛知県からの依頼、下肢に重度の障害があり2級に
上肢の障害は比較的軽度でしたが、下肢に重い障害があり、動作緩慢、無動などから、外出が困難な状態でした。


ケース3
 パーキンソン病」 男性50代 茨城県
[ 結 果 ] 障害厚生年金2級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 杖と車椅子の生活を強いられている。
尿失禁するため常時オムツを使用。
場所を問わず無動となる。
[ 備 考 ] 茨城県からの依頼、四肢障害で2級に
請求時には、病状が進行し、一人では外に出ることもできない状態でした。要介護認定も受けており、手帳も2級に認定されていました。


ケース2
 パーキンソン病」 男性40代 兵庫県
[ 結 果 ] 障害厚生年金3級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 四肢に障害あり。
動作制限緩慢で、日常生活がスムーズにできない。
歩行は杖を使用。
パソコン操作、筆記がうまくできない。
[ 備 考 ] 動作緩慢により、日常生活が制限
筋肉の固縮が進み、日常生活のあらゆる動作に制限がありました。歩行は非常に遅く、しばしば転倒することもあり杖を使用していました。


ケース1
 パーキンソン病」 男性50代 神奈川県
[ 結 果 ] 障害厚生年金1級
[請求タイプ] 事後重症請求
[障害の状態] 四肢の筋力は、半減〜著減。
四肢体幹に振線あり。
つまむ、握るが非常に不自由。
杖・車椅子を常時使用。
[ 備 考 ] 四肢に重い障害があり1級に
四肢の著しい筋力低下に加え、全身に振線があり日常生活が一人では成り立たない状態でした。




※パーキンソン病につきましては、 北海道から沖縄まで、
 全国からのご依頼に対応できます。




※実例は、本人様のプライバシー保護の関係から、一部、内容を調整させていただいております。





  トップページ  無料相談  手続代行・料金