黄斑ジストロフィーのサポート実績
障害年金対応室で手続代行した黄斑ジストロフィーの実例を紹介します。




ケース1 先天性を疑われたが大人になってからの初診を訴え認められたケース
[プロフィール] 埼玉県 男性 30代
[傷病名] 黄斑ジストロフィー
[障害の状態] 矯正視力・右0.05、左0.05
視野・中心視野の低下がみられる。
[日常生活能能力] 視力を要する生活能力低い。
[結果] 障害厚生年金3級(事後重症)
[申請の対応] 父親が同じ病気だったことから先天性を疑われたが、大きな視機能低下は大人になってからであったため、そのことを審査機関に訴え、厚生年金で申請した。












※実例は、本人様のプライバシー保護の関係から、一部、内容を調整させていただいております。






  トップページ  無料相談  手続代行・料金