トップページ 障害年金の資格 障害年金の手続代行 審査請求(不服申し立て) 障害年金対応室プロフィール 障害年金・無料相談
●はじめに
広汎性発達障害(アスペルガー症候群、注意欠陥多動性障害、高機能自閉症など)の症状は、おもに社会性やコミュニケーション能力の欠如です。そして、これらの症状があることによって労働や日常生活が制限されるようになると、重症と判断され障害年金の支給が決定します。

●初診日について
同じ先天性の障害でも知的障害の場合、初診日を0歳とされます。しかし、発達障害は、幼少時から症状が出ていたとしても、そのときは受診せずにいて、20歳以降に初めて医師の診断を受けた場合は、その日が初診日となります。
たとえば、小さい頃から自閉傾向にあり、友人も少なく孤立した生活を送っていたとしても、20歳前に受診がなく、20歳以後に初めて受診したといった場合は、20歳以後の初診日が認められるわけです。初診日が厚生年金に加入中にあれば、厚生年金で申請でき、3級でも受給できます。

当事務所の実績 病歴サンプル
診断書見本 精神の認定基準

気をつけたいのは、発達障害でも、知的障害をともなうものは、初診日が0歳となり、国民年金でしか申請できないということです。この知的障害がともなうかどうかは、提出する診断書の内容で判断されます。診断書に知的障害を認める記述があった場合は、初診日が0歳になる可能性があることを覚えておきましょう。

●診断書と病歴状況申立書
障害年金の審査で、もっとも重要視されるのが診断書です。障害年金では労働や日常生活に制限が生じている場合を重症と考えますので、医師には、障害年金を申請したいことを伝えるだけでなく、仕事や日常生活の状況についても可能な範囲で話しておくといいでしょう。
目安ではありますが、労働が長続きしない、労働に援助が必要である、閉居生活を続けている…といった状態になると受給の可能性が出てきます。
また病歴状況申立書も、不備なく仕上げたいものです。これまでの病気の経緯を審査官がわかるように記すとともに、現在の障害の状態を丁寧に訴えてください。

発達障害と障害年金の関係
医師から申請をすすめられた→障害年金2級の可能性が!
労働不可+閉居生活→障害年金2級・3級の可能性が!
労働が続かない→障害年金3級の可能性が!



当事務所では、お客様の請求方法を、複数の専門家で話し合い、最善のサポートをしています。また開業当初から蓄積してきた約10年分の発達障害の診断書や病歴申立書などの書類を分析し、得た知識を反映させ障害年金の受給率を高めています。さらに書類一式を2人以上で確認するダブルチェックにより、完璧な請求を行っています。


発達障害の方は、コミュニケーションが上手くとれないことから、障害年金の申請においても、さまざまな負担がおありだと思います。もし手続きに立ち止まってしまったら、当事務所にご相談ください。あきらめずにやりとりを続けていただいたほぼすべての方が障害年金の受給に成功しています。


  私どもは、障害年金の申請で約10年の実績があります。
  この豊富な経験を生かし、あなたの受給の可能性を高めます。

◎手続代行についてのQ&A
依頼
(Q1)医師によると受給の可能性は五分五分だそうですが、受けてくれますか?
(Q2)「他の社労士」に代行していたのですが受けてくれますか?
手続き
(Q3)親や家族とやりとりして進めてくれますか?
(Q4)東京近郊と遠方では対応が、どう違うの?
(Q5)年金事務所へはどのように申請するの?
病歴
申立書
(Q6)病歴は、どのように書いてくれるのですか?
(Q7)審査で評価されやすい病歴に仕上げてくれますか?
診断書
(Q8)診断書が抜けだらけで心配なので依頼できますか?
(Q9)医師が診断書を書き慣れていないのですが対応できますか?
初診日
(Q10)初診日の証明書が取れないのですが受給できますか?
(Q11)「第三者の申立書」で初診日を証明できますか?




※このページで掲載した内容は、障害年金対応室の独自の見解であり、実際の審査では違う判断がなされる場合があります。予めご了承ください。




  トップページ  無料相談  手続代行・料金