トップページ 障害年金の資格 障害年金の手続代行 審査請求(不服申し立て) 障害年金対応室プロフィール 障害年金・無料相談
●はじめに
統合失調感情障害の場合、統合失調症とうつ病の2つの症状を併せ持つため、重い症状に悩んでいる人も少なくありません。
重症度にもよりますが、仕事ができず、自宅での生活を強いられている場合は、障害年金が受給できる可能性があります。

●診断書の注意点
障害年金では、病状がいかに悪くても、等級が伸びなかったり、受給できなかったりします。理由は、この制度が病状を評価するものではなく、日常生活能力の制限を評価するものであるからです。
たとえばバランスのとれた食事ができるか、買物や金銭管理はできるか・・・といった日常生活の状態について、医師に伝えていない方は、診断書にそれらが反映されない可能性があります。
これは審査で非常に不利となりますので、診断書を依頼するときは、日常生活の状態を紙に書いて渡すなど何らかの対処をしたいものです。
また診断書があがりましたら、内容に不備(空欄)がないかをチェックすることも大切です。
診断書の不備によって不支給となったケースはたくさんありますので、不利益な評価をされないためにも最後のチェックを怠らず申請するようにしましょう。

当事務所の実績 病歴サンプル
診断書見本 精神の認定基準
●遡及請求について
統合失調感情障害で遡及請求を考えている方は、病歴申立書の書き方に注意してください。
ポイントは「病気の継続性」をどのように表現するかです。
たとえば、途中、会社に勤めていたりすると、その期間については悪い状態が継続していたとは認めてくれないことがあります。いくら障害認定日と現在の状態が悪かったとしても、病状の継続性がなければ遡及は認められません。
過去に会社に在職していたとしても欠勤を繰り返していたり、休職していたりしている場合は、そのことを必ず明記しておきましょう。
また入院や自傷行為を繰り返していた期間は、必ず記載しておきます。過去には診断書の内容はそれほどふるわなかったものの、入院を繰り返していたことが評価され遡及が認められたケースもあります。
ですから入院、自傷行為といった経験がある方は、必ずそのことを病歴に書き、症状の悪さを訴えたいものです。

●初診日の証明について
初診日の証明ができないと、請求すら受け付けてくれないことがあります。仮に請求を受け付けてくれたとしても多くのケースで不支給となりますので、初診日の証明ができない場合は、必ず客観的に証明できるものを用意しましょう。客観的な資料としては、診察券、紹介状のコピー、精神障害者福祉手帳の意見書などがありますが、それだけでは認めてくれないこともありますので息詰まった場合は、専門家に相談するなどしてください。

統合失調感情障害と障害年金の関係
入院や自傷行為をしている→障害年金2級の可能性が!
日常生活ができない→障害年金2級・3級の可能性が!
労働不可+日常生活制限→障害年金3級の可能性が!



当事務所では、お客様の請求方法を、複数の専門家で話し合い、最善のサポートをしています。また開業当初から蓄積してきた約10年分の統合失調感情障害の診断書や病歴申立書などの書類を分析し、障害年金の受給率を高めています。さらに書類一式を2人以上で確認するダブルチェックにより、完璧な請求を行っています。


統合失調感情障害の方は、外出が困難、対人恐怖がある…など、さまざまな精神的ご負担があり、申請までの道のりは平坦ではありません。しかし、あきらめずにやりとりを続けていただいたほぼすべての方が障害年金の受給に成功しています。みなさんと信頼関係を築きながら受給を確実なものとできるよう手続きを進めてまいります。


  私どもは、障害年金の申請で約10年の実績があります。
  この豊富な経験を生かし、あなたの受給の可能性を高めます。

◎手続代行についてのQ&A
依頼
(Q1)医師によると受給の可能性は五分五分だそうですが、受けてくれますか?
(Q2)「他の社労士」に代行していたのですが受けてくれますか?
手続き
(Q3)親や家族とやりとりして進めてくれますか?
(Q4)東京近郊と遠方では対応が、どう違うの?
(Q5)年金事務所へはどのように申請するの?
病歴
申立書
(Q6)病歴は、どのように書いてくれるのですか?
(Q7)審査で評価されやすい病歴に仕上げてくれますか?
診断書
(Q8)診断書が抜けだらけで心配なので依頼できますか?
(Q9)医師が診断書を書き慣れていないのですが対応できますか?
初診日
(Q10)初診日の証明書が取れないのですが受給できますか?
(Q11)「第三者の申立書」で初診日を証明できますか?




※このページで掲載した内容は、障害年金対応室の独自の見解であり、実際の審査では違う判断がなされる場合があります。予めご了承ください。




  トップページ  無料相談  手続代行・料金