トップページ 障害年金の資格 障害年金の手続代行 審査請求(不服申し立て) 障害年金対応室プロフィール 障害年金・無料相談
●はじめに
統合失調症は、日常生活能力がどれだけ低下しているかが判定の大きな部分を占めています。仕事や対人関係、社会活動など、普通ならできるはずの日常生活ができなくなった場合、障害年金では重症と考え、支給を決定しています。

●診断書の注意点
日常生活能力とは、食事、清潔保持、金銭管理、買い物、対人関係、危機対応…などを指します。審査では、これらについて自発的にできるか、できないかを診断書や病歴申立書などから読み取って認定しています。
もっとも評価されやすいのは入院中や、入院を繰り返しているときですが、長期にわたり部屋に引きこもっていたり、投薬後も幻覚や妄想などの症状が続いていたりする場合も評価されやすい傾向にあります。
障害年金を申請するときは、まず診断書に注意を払いたいものです。普段、自分の生活状況を医師に伝えていない場合は、診断書を依頼するときに紙に書き出して提出してみるなど工夫してみるのもいいのではないかと思います。
また、診断書に抜けがあったことによって、低く評価されてしまうことが多々みられますので、診断書があがりましたら、必ず抜けがないかを確認し、抜けがあった場合は追記いただいたうえで申請するようにしましょう。

当事務所の実績 病歴サンプル
診断書見本 精神の認定基準
●遡及請求のポイント
障害認定日から現在にわたって、悪い状態が継続していた場合は遡及請求にチャレンジすることができます。
遡及が認められれば障害認定日にさかのぼって年金受給(時効のため過去5年まで)できますので、権利のある方は前向きに考えていいのではないかと思います。遡及する場合、病歴申立書が非常に重要となることがあります。第一に気をつかいたいのは病気の継続性です。たとえば統合失調症の場合、受診を中断するケースがありますが、受診を中断していた期間については、審査では「病状が安定していた」と、とられがちになります。しかし、多くの方は病識不足から中断していますので、この期間についても病状が継続していたことを訴えたいものです。
また過去に入院した経験がある場合は、必ず病歴に書いておきましょう。入院期間は、非常に悪い状態を意味しますので、評価を高めるためにも病歴申立書への記載が必要です。

●初診日の証明について
統合失調症の場合、初診日の証明がとれない、初診日がどこに当たるかわからない…という方がたくさんいます。しかし、初診日を特定しない限り請求できません。また初診日が特定できないために不支給となるケースもありますので、軽く考えずに、初診日について自分で調べたり、障害年金の専門家に相談するなどして申請することをおすすめします。

統合失調症と障害年金の関係
一人で生活できない→障害年金2級の可能性が!
労働不可+生活制限→障害年金2級・3級の可能性が!
労働が困難である→障害年金3級の可能性が!



当事務所では、お客様の請求方法を、複数の専門家で話し合い、最善のサポートをしています。また開業当初から蓄積してきた約10年分の統合失調症の診断書や病歴申立書などの書類を分析し、得た知識を反映させ障害年金の受給率を高めています。さらに書類一式を2人以上で確認するダブルチェックにより、完璧な請求を行っています。


統合失調症の方は、外出が困難、対人恐怖がある、妄想がある…など、さまざまなご負担があり、申請までの道のりは平坦ではありません。しかし、あきらめずにやりとりを続けていただいたほぼすべての方が障害年金の受給に成功しています。みなさんと信頼関係を築きながら受給を確実なものとできるよう手続きを進めてまいります。


  私どもは、障害年金の申請で約10年の実績があります。
  この豊富な経験を生かし、あなたの受給の可能性を高めます。

◎手続代行についてのQ&A
依頼
(Q1)医師によると受給の可能性は五分五分だそうですが、受けてくれますか?
(Q2)「他の社労士」に代行していたのですが受けてくれますか?
手続き
(Q3)親や家族とやりとりして進めてくれますか?
(Q4)東京近郊と遠方では対応が、どう違うの?
(Q5)年金事務所へはどのように申請するの?
病歴
申立書
(Q6)病歴は、どのように書いてくれるのですか?
(Q7)審査で評価されやすい病歴に仕上げてくれますか?
診断書
(Q8)診断書が抜けだらけで心配なので依頼できますか?
(Q9)医師が診断書を書き慣れていないのですが対応できますか?
初診日
(Q10)初診日の証明書が取れないのですが受給できますか?
(Q11)「第三者の申立書」で初診日を証明できますか?




※このページで掲載した内容は、障害年金対応室の独自の見解であり、実際の審査では違う判断がなされる場合があります。予めご了承ください。



  トップページ  無料相談  手続代行・料金