トップページ 障害年金の資格 障害年金の手続代行 審査請求(不服申し立て) 障害年金対応室プロフィール 障害年金・無料相談
●はじめに
障害年金では、一下肢の障害だけでは、1級に該当することはありません。また脚の機能が全廃するほどでなければ2級にも認定されません。したがって大腿骨骨折で障害年金を申請する方のほとんどは、3級狙いとなります。

●手続きの注意点
大腿骨骨折の場合、明確な認定基準がなく、どの程度の障害で3級になるかが断定できないのが現実です。しかし何らかの基準がないと障害年金を申請していいものか決断ができないと思いますので、以下に3級の可能性がある状態を明記します。
 ・事故後1年6か月たっても骨が癒合しないもの。
 ・癒合しても杖、補装具がないと歩行困難なもの。
 ・骨折により大腿骨があきらかに変形したもの。
以上は、障害年金対応室のサポートのもと大腿骨骨折で3級に認定された方の傾向を示したものですが、この他、障害年金の申請時に「症状固定していないもの」については、比

当事務所の実績 病歴サンプル
※参考として
頚髄損傷の病歴を
掲載しています
診断書見本 肢体の認定基準

較的、3級に認定されやすいことがわかっています。また、手術により抹消神経障害を併発し、疼痛が残るなど運動機能が著しく低下した場合も3級になりやすくなっています。

●診断書と病歴状況申立書
大腿骨骨折で3級クラスの障害を持っている方は、通常、関節可動域に制限があり、筋力も低下しています。
診断書をチェックするさいは、まず、この「関節可動域の制限」「筋力低下」に抜けがないかを見ていくようにしましょう。
評価に関わる項目としてもう一つ重要なのは「日常生活動作の障害の程度」です。
ここは立つ、座る、歩くといった生活動作がどれだけ減じてしまっているかを○、○△、△×、×で評価していく項目で、等級を左右するポイントとなります。一つでも抜けがあると、審査に影響しますので、この項目についても必ずチェックしてください。
この他、杖や補装具の使用状況、労働能力や予後についても記入もれがないかを見ておきたいものです。
障害年金の審査は、診断書の内容ですべてが決するといっても過言ではないため、不備が見つかったときは医師に追記してもらい納得のいく申請を目指してください。

身体障害者手帳と障害年金の関係
手帳1級→障害年金1級または2級の可能性が!
手帳2級→障害年金2級の可能性が!
手帳3級、4級障害年金3級または障害手当金に!



「肢体障害に強い社労士」をお探しなら、当事務所にご相談ください。開業以来、約10年間、肢体障害の手続きを豊富にこなしてきました。審査請求の容認実績も多く、肢体の難病に関わる家族会の顧問などもしております。そうした経験やノウハウを存分に生かし、あなたの障害年金の受給率を高めます。


これまで手続きさせていただいた肢体障害につきましては、ほとんどの病気を経験しております。その多くが難病であり、ほぼすべての方が障害年金の受給に成功しています。みなさんと信頼関係を築きながら受給を確実なものとできるよう手続きを進めてまいります。


  私どもは、障害年金の申請で約10年の実績があります。
  この豊富な経験を生かし、あなたの受給の可能性を高めます。

◎手続代行についてのQ&A
依頼
(Q1)医師によると受給の可能性は五分五分だそうですが、受けてくれますか?
(Q2)「他の社労士」に代行していたのですが受けてくれますか?
手続き
(Q3)親や家族とやりとりして進めてくれますか?
(Q4)東京近郊と遠方では対応が、どう違うの?
(Q5)年金事務所へはどのように申請するの?
病歴
申立書
(Q6)病歴は、どのように書いてくれるのですか?
(Q7)審査で評価されやすい病歴に仕上げてくれますか?
診断書
(Q8)診断書が抜けだらけで心配なので依頼できますか?
(Q9)医師が診断書を書き慣れていないのですが対応できますか?
初診日
(Q10)初診日の証明書が取れないのですが受給できますか?
(Q11)「第三者の申立書」で初診日を証明できますか?




※このページで掲載した内容は、障害年金対応室の独自の見解であり、実際の審査では違う判断がなされる場合があります。予めご了承ください。




  トップページ  無料相談  手続代行・料金